スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山里が黄金色に染まる頃

9月20日~21日、北陸の渓へ釣行して来ました。

        IMGP2528.jpg

渓流のシーズンもいよいよ終盤。此処、北陸の山里も辺り一面、黄金色に染まっていました。

今年は家庭の事情で今日が自分にとっての解禁日であり事実上のシーズンの最終釣行になってしまいました。

本当に久し振りに振る1番ロッド。上手く振れるだろうか?渓魚は残っているだろうか?そんな不安よりも渓に立てるだけでも今の自分には奇跡。

だが、そんな不安は全くの杞憂へと変わり、最初の一匹は25センチ程の小さな岩魚。でもよくよく考えるとコレが今シーズン初の渓魚なんだよな?

それからは次々と20~28センチ程の岩魚が1番ロッドを曲げ続け、あっと言う間に30匹位は釣れただろうか?しかし、期待していた尺が出ない。

諦め掛けたその時、やっと期待していた尺が・・・

        IMGP2524s.jpg

続いて直ぐにギリ尺ですが2匹目の尺が・・・

        IMGP2525s.jpg

今日は一体、何匹、尺が釣れるのだろうか?と皮算用をしてしまったのが悪かったのか?それからは相変わらず、小型は釣れるのですが、サッパリ。 (笑)

十分、満足したところで、今夜は一人焼き肉で車中泊。夜空には満天に輝く星達。そんな星達を眺めていると今年の初めに起こった家族の不幸。俺、精一杯、頑張ったよな???と考えている内にガラにも無く、涙が溢れて来てしまいました。

        IMGP2527.jpg

明日も天気は良さそうです。

翌日は別の渓流に向かったのですが、釣り券を購入して2時間もロッドも振らない内に釣り人の多さにウンザリした事も有るけど、それよりも足腰がフラフラで真面に歩けないんで、さっさと帰る事にしました。

やはり、久し振りの渓での釣り上がりで筋肉が悲鳴をあげてしまったようです。

渓流のシーズンは終わりですが、10月からは本流で修行を再開したいです。今年中に小型で良いから1匹、釣りたいなあ~
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。