スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違えて結果 オーライ

10月24~25日、家族で世界遺産 姫路城を観に行って来ました。

   IMGP2820S.jpg

実は自分は城マニアだったりします。これまでにも各地の城を見学に行っているのですが、この姫路城は松本城と同じ位に印象に残る立派な城でした。

次に訪れたのは、今、話題急上昇中の竹田城跡です。

姫路城から車で1時間位の距離でしたが、姫路城と違って山の上に建っているので、シャトルバスから降りると、後は自分の足で登るしか手段が無く、ハッキリ言ってオヤジにはキツかったですよ~  

   IMGP2827S.jpg

健脚に自信の有る方は是非、行ってみて下さい。

翌日は神戸を散策する予定だったのですが、ナビの検索を間違えてしまい、何時の間にか明石海峡大橋へと行く事になってしまいました。

   IMGP2831S.jpg

神戸の散策を楽しみにしていた娘には申し訳なかったのですが、此処も何時かは行って見たかった所。

そこで間違え序に?淡路島を縦断して鳴門海峡まで足を延ばす事にしました。

   IMGP2832S.jpg

   IMGP2841S.jpg

初めて見る鳴門の渦潮はその潮の流れの速さにビックリ! 自分達が見た渦潮は一年の中では最も大きな渦潮らしいのですが、
迫力満点でした。

今度はもう少し足を延ばして鳥取の砂丘が見てみたいです。


スポンサーサイト

全裸男、現る

10月18日、近郊の川でキャス練に出掛けて来ました。

今回の目的はシングルスペイの練習とスネークロールキャストの練習です。

自分の利き腕は右利きなんで、右岸からのキャスト対策としてはダブルスペイかスネークロールキャストの取得が必須条件なんです。

と、その前に先ずは河原で、コーヒータイムです。

   IMGP2812.jpg

手に入れたばかりのカセットガスバーナーとケトルで淹れたコーヒーは格別ですね~ と言うか、流石にこんな時間はキャス練ならではです。 コレが実践の釣行ならこんな余裕は無いですから。。。 (笑)

さて当日は夏を思わせるような日差しに少々、先生も自分もバテ気味になってロールキャストを御指導して頂いていたのですが、橋を挟んで突然、下流側に現れた一人の若い男。

何を思ったのか? 突然、服を脱ぎ出し、全裸に。。。
そこからは泳ぐでも無く、奇妙な姿勢で立ったり座ったり。。。  勿論、橋の上はひっきりなしに車や通行人が通ってます。

当然、これは多分、公然わいせつとかになるのでしょうが、それよりも全裸の男が目の前に居て、○○○○をむき出しにしているもんだから、キャス練に集中出来ません。

まあ~コレが若いお姉ーちゃんなら最高なんて決して思いませんが。。。 (嘘)

結局、1時間近く全裸で居たこの男、何気ない雰囲気で何時の間にか姿を消して行きましたとさ。。。

そうそう、今年も運良く手取川の鮭釣りが当選しましたので、河原で即席のタイイング教室を実地しました。

   IMGP2811.jpg

初めて鮭釣りに挑戦される先生。僭越ながら自分が先生にフライを紹介させて頂きました。 来月は先生と一緒に行きますよ~

反省だらけの本流釣行

10月11~12日、信州の本流に釣行して来ました。

   IMGP2803.jpg

現地に向かう未明の高速道路は途中、かなりの激しい雨でレインジャケットを羽織らなければならないかと、内心ややテンション下げ下げでしたが、幸い到着した頃には雨も止み、絶好の釣行日和となりました。 (^-^)/

今日の目標はシングルスペイでスイングで釣る事。

シングルスペイは未だ全然、出来ないのですが、何時までもスカジットキャストに頼っていたのでは上達しませんから。。。
下手で構わないので一日、シングルスペイで通してみました。 その結果は。。。

結論から言うとマダマダ全然、ダメでした。 キャス練の時は自分でもソコソコ行けるかな?って思っていましたが、いざ本番となると如何しても魚を釣る事が頭の中でチラついちゃって、もう、滅茶苦茶ですわ~

右腕は直ぐに悲鳴をあげちゃって、パンパンな状態に。 正しくキャストすれば力なんて必要無いはずで、飛ばないもんだから、益々、腕だけで飛ばすっと言った悪循環に陥ってしまいました。

それでも川のコンディションは増水で濁りがあるので、決して良い状態では無かったのですが、数日前に漁協による放流に助けられて偶々、偶然にキャストが決まりスイングしていると、こんな自分でも初日は8匹もリリースする事が出来ました。

   IMGP2808.jpg

   IMGP2802.jpg

まあ~放流魚なんで、容姿は残念なのは仕方が無いのですが、一応、なんちゃってシングルスペイでキャストしてスイングでキャッチ出来たのは満足でした。

翌日は初日に一応、自分にしては上出来な結果だった事もあり、今度は回復系か準天然魚を狙おうと放流個所からかなり下流の約5キロ程の流れで挑戦して見る事にしました。

なんちゃってシングルスペイでステップダウンして行くと、明確なシグナルが。。。

ところがネットインしたのは、またしても放流ニジマスでした。

   IMGP2805.jpg

こんな所まで、一気に下って来ている事に驚きであり、正直、少しガッカリでした。 この一目で如何にも放流魚だと分かる所が寂しいね!

でもコレが来年には回復系のニジマスとなって今とは比べようもない位になるんで、来年は楽しみです。

更に後、一匹釣って10匹で帰ろうと各有望個所をチェックするのですが、3連休なんで、人だらけで場所有りません。

仕方が無く、丁度、村の正午を告げるサイレンを機に帰途に就く事にしました。

さあ~全然、駄目だったんで また来週はキャスレン修行に行く事にしますか。。。

      IMGP2807.jpg

秋晴れの河原にて



10月4日、近郊の川でキャス錬に出掛けて来ました。

何時もはノースマウンテンレイクでキャス錬の修行をするのですが、より実践に近い練習と言う事で今回より会場を川に移してやる事にしました。

その為の新兵器?として用意したのがコレ!

           IMGP2794.jpg

キャス練用に用意したヒップウェーダーです。 コレ、超安物なんですが、着脱が簡単で何とリペアキットも付いていたのには驚きです。今回、初めて使ってみたのですが、十分、満足するものでした。 (^∇^)ノ

さてキャス錬ですが、実は先週の釣行で先生から受けたアドバイスを自分なりに考えて、今回、そのイメージ通りにキャストしたところ、御二人の先生から初めて及第点を頂けました。

こうなって来ると益々、スペイキャストの練習が楽しくなって来ますね~

当日は、川では初めてお会いしたSさんもキャス錬に参加されて先生も忙しそうでした。

          IMGP2798.jpg

今回も御二人の先生から貴重なアドバイスを頂き、次回のキャス練に活かしたいと思います。

この感覚を忘れないように当面は、キャスト練も本流修行もこのロッドで通して行こうかと考えています。


          IMGP2795.jpg



山里に こきりこ節が聞こえる頃

9月26~27日、北陸の本流に出掛けて来ました。

予定では今シーズン最後の釣行となるのですが、ニジマスを釣る限りに於いては禁漁期間が設定されていない河川も意外と沢山、存在するんですよね~

とは言うものの、春先から訪れたこの本流は間違いなく来月からは禁漁を迎える事になるので、何だか寂しい気分になるのも事実。

           IMGP2793.jpg

明るくなりだした見慣れた河原には既に、ロッドを振る姿が。。。

「早く支度しないと時合が過ぎちゃうよ~」の声に焦りながらも急いで準備をします。 (。>ω<。)ノ

すると数投目で可愛いニジマスが。。。

   IMGP2791.jpg


結局、このリールサイズの豆虹が二日間での唯一の釣果。。。 ( ̄^ ̄)ゞ

でも、負け惜しみじゃないのですが、最初から釣ろうと思って来てはいないから、これで良いんです。

今の自分は釣果よりもキャストの向上が大事なんで、結果は後から付いて来ると信じて練習・練習。

今回も3人の先生から二日間に渡って貴重なアドバイスを頂き、感謝、感謝です。

   IMGP2792.jpg

まあ~夜は例によってエロイ話しか聞こえて来なかったのですが。。。 (笑)

山里は丁度、祭りの最中で、こきりこ祭りが行われて、沢山の観光客で賑わっていました。

ふとロッドを振るのを止めると、名残り惜しそうにミンミンゼミの鳴き声が聞こえ、時々、雲から見え隠れする遠くなった青空には無数のトンボが楽しそうに乱舞しています。

ここを再び訪れるのは来年の春先になるでしょうか? それまでには今の自分より少しは上手にスペイキャストが出来るようになっていたいものです。

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。