スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北風吹き抜ける頃

12月30日、今年最後のキャス練に行って来ました。

   IMGP2914.jpg

自宅を出た頃は無風で絶好のキャス練日和だったのですが、何時ものキャス練道場に到着してみると、冷たい北風が吹き抜けていました。

遠くに見える山々も雪化粧をしており、数日前までの暖かさが嘘のようです。

   IMGP2915.jpg

取り敢えずコーヒーを飲んで体を温めてから練習を開始です。

暫くすると先生が到着して、色々と勉強になるアドバイスを頂きました。当然ながら先生のキャストは上手いですね~

             IMGP2917.jpg

左右どちらからも簡単にキャストされる先生。左からのキャストも自然にキャストしていたので、最初は気が付かないほどでした。

今回も貴重なアドバイスを頂き、勉強になりました。

が、冬の河原は寒さが厳しく早々に終了となりました。 大掃除がまだ途中だったしね!

次回のキャス練は来年となりますが、また宜しくお願いします。

スポンサーサイト

久し振りのタイイング 2

12月20日、本日の午前中は地元のショップで開催されたキャス練に参加して、午後からは久し振りにタイイングをしてみました。

コレが最近の自分のお気に入りのフライです。

   IMGP2912.jpg

サーモンフックの4~6番に巻いたフライ達です。 簡単に巻けて量産出来るのが、気に入っている所かな???

今のところ、実績は本流のヤマメやニジマスしか釣っていませんが、カラーを工夫してサクラマスまで釣っちゃおうかな?って思っています。 (笑)

以下は手順の画像ですが、マテリアルは適当に気分次第で変えていますので、参考程度に・・・

   IMGP2902.jpg
   IMGP2903.jpg
   IMGP2907.jpg
   IMGP2909.jpg
   IMGP2911.jpg

本当はサーモンフライを巻きたいんですが、そんな時間も、マテリアルも、そして腕が無いんだよな~

改善

年末ともなると何かと忙しく、今週末は買い物で家族に引っ張り廻されてしまいましたよ!

例えば先週にオープンしたばかりのこんな処にも。。。

          DSC_0030.jpg

流石に国内最大級とあって、大きなショッピングモールでしたね!

さて、そんな事もあり、今週末は全くロッドを振れませんでしたので、今回は釣り道具の改善の話。 (笑)

自分は仕事柄、業務の改善も担当しているんで、趣味の釣り道具も気に入らない所はチョコチョコ改善しているんですよ!
まあ~職業病かな~ (笑)

先ずは安物のインスタネットなんですが、気に入らないのはネットとグリップでしょうか?

   IMGP2895.jpg

これをパーツ売りしている物に変えるだけで、高級インスタネットに変身するから不思議。費用も半額で済みました。

   IMGP2896.jpg

フレームにはネット破損防止のチューブが被せて有りますが、このチューブもパーツ売りで買うと高いんで、自分はホームセンターで同じ物を半額で買う事が出来ました。

   IMGP2897.jpg

次は安物のリールに有りがちな?ランニングラインのトラブルで、スプールとフレームの間からラインが飛び出してしまう事例です。

   IMGP2898.jpg

原因はスプールとフレームの間の空き過ぎなんですが、この隙間を埋める為に、自分は画像の様にフレームの裏側に粘着テープ付きのゴム板を貼って解決しました。 (テープの剥がれが心配だったので、瞬着で補強)

   IMGP2899.jpg

手取川のサーモン釣りで実践投入して見ましたが、トラブルフリーでした。 (ゴム板は1ミリ以下でフレームとの緩衝箇所は削ってあります。)

次はシンクティップとリーダーを直結した場合、ティップのループ部分の寿命延長対策です。 特に底石等にラインが引っ掛かって回収不可能になった場合、最後の手段として綱引きになるのですが、その場合、ループ部分にリーダーが食い込んで、ループが破損することもしばしばです。

そこで自分は、画像の様にティップとリーダーの間を自作のブレイデッドループで連結してループの食い込みを軽減しています。

   IMGP2900.jpg

丁度、スペイスイベルのスイベルが無い物と同じです。

最後はシンクティップの交換作業負担の対策です。

   IMGP2901.jpg

シンクティップを交換する場合、画像の様にポリ袋に入れるか、専用のワレットに収納する事になるのですが、自分はマダマダ人間が出来ていない半人前の男なんで、釣りの最中に綺麗に巻いて収納出来ないんですよ~

だから、何時もバックの中に適当に巻いて放り込んでいるんです。 そこで、収納するのは自宅に帰ってからにして、現場では画像の様にディスペンサーに巻いて凌いでいます。但し、そのままでは使い難いので自分はマジックテープを貼り、ループを留めています。たったコレだけでもかなり使いやすくなりますよ~


グタグタ 本流釣行

12月5日、久し振りに天竜川・冬季ニジマス釣り場に釣行して来ました。

   IMGP2891.jpg

以前はシーズンオフになると年券を購入して通っていたものですが、本流修行をやるようになってからは、不思議と足が遠のいていました。

タイミング良く、先生も同行して頂ける事になっていたのですが、現地で既に到着している筈の先生の姿が見当たりません。

電話をして確認すると、未だ自宅に居るそうなんで、仕方なくシングルスペイで釣り下って行きます。

すると、間もなくコツンとアタリが。。。 そこを中心に数回、フライを流していると、コツンと来た後にギュンとロッドが絞り込まれていきます。

キャッチ出来たのは40センチ程のニジマスでした。

   IMGP2890.jpg


ニンフで釣っていた頃は、最低でも50センチ以上でないと、釣った気がしませんでしたが、スペイで釣ると、こんなサイズでも十分、満足出来るから不思議ですね~

その後は先生も合流してロッドをフリフリしますが、サッパリです。 それに風も強くなって来て、もうキャストもグタグタです。

当然な話ですが、練習で満足に振れないものが、本番で上手く振れる分けがないんです。

でも先生は流石ですね!  強風が吹き付ける中で、本当に上手く風を避けてキャストして行きます。

           IMGP2893.jpg
  

自分は唯一の自信のフライを無くして、完全に戦意喪失です。 キャストもグタグタでしたからね。。。

あまりの不甲斐無さとグタグタキャストだったので、翌日は地元のショップで開催されたキャス練会に参加して来ました。

   IMGP2894.jpg

う~ん、キャス練と釣行も大事なんで、とても時間が無いです。  

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。