スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Favorite photos

長い間、釣行を重ねるとお気に入りの写真が何枚かフォルダーに保存されていくものなんですね。

自分の場合はコレ!

               
           川108_0833請戸

福島県・請戸川の鮭釣りでのランディングシーンです。 同行した友人に撮影して頂いたものなんですが、もう、10年以上前の自分なんで、随分と若いです。(笑)

釣り写真で多いのはネットの上に魚を乗せた所謂、フライパン写真やニコパチ写真が多いものですが、この写真を見る度に当時の思い出が鮮明に浮かんで来ます。

今では出番の少なくなったOH用のダブルハンドを極限まで曲げてネットでキャッチしたのは80センチを優に超えるオスの鮭。この鮭は今でも私の頭の中で泳ぎ続けているんだ。

そう、今では原発事故で立ち入る事も許されない遥か彼方の本流に思いを馳せて・・・

自分の鮭釣りは他には石川県・手取川を始め北海道・忠類川・それに新潟県・荒川しか行った事が無いのですが、やっぱり福島県が好き。言葉で上手く表現が出来ないのですが、人が温かいんですよ! (個人の感想です)

だから例え釣れなくても来年も行きたくなるんですよ! 自宅から片道10時間の長距離ドライブになっても。

そうそう、請戸川ではこんなお土産も記念に貰えるのですが、我が家ではプレゼントしたり、割れちゃって残っているのはこの2004年製の湯飲みだけ。勿論、現役で今でも使っています。

            IMGP2476.jpg

同じ福島県でも木戸川ではこんな珍しいピンバッジを頂いた事が有ります。

            IMGP2478.jpg

管理釣り場並みに鮭の遡上が半端ない木戸川なんですが、何故かこの年は鮭の遡上がサッパリ!!で責任を感じた漁協がお詫び???のつもりなんでしょうかね???普段の年なら貰えないこんなピンバッジをゲット。

木戸川は本当に川に立ち込むと足に鮭が当たるんですよ。そう、良く昔話に出て来るような嘘のような本当の話が此処では現実。テントを張って温かい弁当まで提供してくれたのは、この木戸川だけ。

そんな良い思い出だけしか無い福島の鮭釣りは今年も残念ながら実現出来なかった。未だに自宅にさえ帰れない方が居る現状で何を呑気な事を言っているんだとお叱りを受けるかもしんないけど、福島の鮭釣りが出来るようになるまでが、本当に復興したと言えるんだと自分は思います。

自分に出来るのはあの震災を忘れない事。これからも忘れないよ~ 頑張れ福島!!

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
Comment Form








管理者にだけ表示を許可する






Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。