スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山里に こきりこ節が聞こえる頃

9月26~27日、北陸の本流に出掛けて来ました。

予定では今シーズン最後の釣行となるのですが、ニジマスを釣る限りに於いては禁漁期間が設定されていない河川も意外と沢山、存在するんですよね~

とは言うものの、春先から訪れたこの本流は間違いなく来月からは禁漁を迎える事になるので、何だか寂しい気分になるのも事実。

           IMGP2793.jpg

明るくなりだした見慣れた河原には既に、ロッドを振る姿が。。。

「早く支度しないと時合が過ぎちゃうよ~」の声に焦りながらも急いで準備をします。 (。>ω<。)ノ

すると数投目で可愛いニジマスが。。。

   IMGP2791.jpg


結局、このリールサイズの豆虹が二日間での唯一の釣果。。。 ( ̄^ ̄)ゞ

でも、負け惜しみじゃないのですが、最初から釣ろうと思って来てはいないから、これで良いんです。

今の自分は釣果よりもキャストの向上が大事なんで、結果は後から付いて来ると信じて練習・練習。

今回も3人の先生から二日間に渡って貴重なアドバイスを頂き、感謝、感謝です。

   IMGP2792.jpg

まあ~夜は例によってエロイ話しか聞こえて来なかったのですが。。。 (笑)

山里は丁度、祭りの最中で、こきりこ祭りが行われて、沢山の観光客で賑わっていました。

ふとロッドを振るのを止めると、名残り惜しそうにミンミンゼミの鳴き声が聞こえ、時々、雲から見え隠れする遠くなった青空には無数のトンボが楽しそうに乱舞しています。

ここを再び訪れるのは来年の春先になるでしょうか? それまでには今の自分より少しは上手にスペイキャストが出来るようになっていたいものです。

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
Comment Form








管理者にだけ表示を許可する






Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。